病気やケガをして医師の診断を受けた際に、病院・診療所で薬をもらう代わりに“処方せん”をもらうようになりました。そして次に、その処方せんに基づいて街の薬局で薬を調製(調剤)してもらいます。この方式のことを医薬分業と言います。

処方せんには薬の種類、使い方が書いてあり、薬剤師が、あなたの体質や今まで服用した薬の状況などの記録(薬歴)を基に、書かれている薬の量や飲み合わせ等を確認の上調剤します。

■調剤のできる薬局とは・・・
薬局であればどこでも調剤できますが、同じ薬屋さんでも「薬局」と「薬店」では違います。薬店では処方せん調剤はできませんので、間違えのないようにしましょう。

■どんな薬局を選べばいいの・・・
薬局は自由にお選びください。お住まいの近くなどに「かかりつけ薬局」をきめると便利です。ただし、「保険薬局」でないと保険調剤ができませんので、「保険薬局」・「保険調剤」・「処方せん受付」などの表示がしてある薬局に行ってください。

■保険薬局には・・・
日本薬剤師会では「かかりつけ薬局」としての「基準薬局」制度を推進しています。この制度は、責任を持って処方せんを調剤すること、患者さんの薬歴カードを作成することなど、地域の皆様に薬のことを安心して任せていただける薬局業務を積極的に行う薬局を薬剤師会が「基準薬局」として認定するものです。



基準薬局に認定されている
    保険薬局名簿
基準薬局に認定されていない
     保険薬局名簿

このページは岸和田市薬剤師会のホームページをテキストにしています.