病院や医院で処方せんをもらったら、「かかりつけ薬局」で調剤してもらいましょう。「かかりつけ薬局」では、患者さんが使用したお薬の名前や時期、体質やアレルギーなどを記録(薬歴)しています。薬剤師は処方せん調剤をする時薬歴を見て
●別の医師からもらったお薬が重複している。
●いま服んでいるお薬との服み合わせはどうか?
●市販の大衆薬や食物との服み合わせは?
をはじめ、医薬品の効能効果、副作用等もチェックし、お薬をお渡しするよう努力しています。

■かかりつけ薬局とは 日本薬剤師会が推進する「かかりつけ薬局」としての「基準薬局」には、このような表示があります。

責任を持って処方せんを調剤いたします。

あなたの体質やお使いになる薬などを薬歴カードとして記録していますから、複数の医師から処方された薬や大衆薬等が重複して使用されたり、あるいは飲み合わせが悪くならないよう「あなたの薬」に関して総合的に把握します。

薬について、いつでも説明・相談にお答えします。
「薬の正しい選び方」、「薬の正しい使い方」、「薬の正しい保管の仕方」などについてもお気軽にご相談いただけます。
あなたの薬歴(お薬の使用の記録等)を作り、薬の重複や飲み合わせなどを確認します。
大衆薬をお求めにこられたときでも、医師の診察・検査などが必要と判断されるときは医師への受診をお勧めします。
寝たきりの患者さんなどには、ご家庭まで薬をお届けし、説明・相談に応じます。
あなたの処方せんがすぐに調剤できない場合でも、後ほど調剤したお薬をお届けするなど、とても便利な薬局です。



基準薬局に認定されている保険薬局名簿 そのほかの保険薬局名簿

このページは岸和田市薬剤師会ホームページよりコピーさせていただきました



城東区かかりつけ薬局のページ